October 27, 2012

川口暮らふと終了しました



本日、無事に川口暮らふと終了しました。

たくさんの皆さまにご来場いただきまして、ありがとうございました。

本日の様子は後ほどアップさせていただきます。


川口暮らふと実行委員会

暮らふと限定、オリジナルベーゴマを販売!

 
川口は、映画「キューポラのある街」でも知られている鋳物の街で、現在でも多くの鋳物工場があります。工場では職人さん達が阿吽の呼吸で作業しています。
 
 
上の写真は樹脂の型です。いろいろなデザインのベーゴマがありますが、どれもかわいいものばかり。いよいよ流し込みの作業です。熱く煮えたぎった鉄を慎重に流していきます。

 
 
 
型から取り出し、砂型を壊していくと・・・
 
 
 
中から出てきました!川口暮らふとのオリジナルベーゴマです!
 
 

これを磨いて完成です!
 
 
 
「オリジナルベーゴマ」は、本部にて販売しています。
価格は1つ400円。限定100個ですので、お早目に!
また、本部隣の「日三鋳造」さんのブースでは、ベーゴマ遊びの体験ができます。こちらも併せてお楽しみください。
 

本日、川口暮らふと開催します!



天気予報は晴れ・くもりですので、本日川口暮らふと開催いたします!

気温がそれほど上がらず少し肌寒いという予報が出ていますので、上着などあたたかくしてお出かけください。

それでは会場でお会いしましょう!




October 26, 2012

出店作家紹介 「KENRIKI」


出店名 (ブースNo.)

KENRIKI (No.101)



出店作品について

木と布と色を使ったインテリアプロダクトで、小物を中心に新作ほか旧作も販売する予定です。

 
 
 

作家からのメッセージ

家具のデザインや製作や販売、またオーダーメイドなどをおこなう家具屋です。

今回は展示環境やお買い求めやすさを考慮して、木や布の小物を中心とした展示を考えています。サイトに掲載されている現行のアイテムや、まだサイトに掲載していない新作も登場しますので、どうぞお楽しみに。

ピンクとチャコールグレーのストライプのテントが目印です。


KENRIKI




October 25, 2012

雑誌「nid」に掲載されました


川口暮らふとの情報が、雑誌 nid [ニド] vol.25に掲載されました。




『もっと身近にイイコト・イイモノ nid Infomation 』というおススメのイベントや本を紹介しているページ(P.109)です。

興味のある方はぜひ見てみてください。暮らしにやさしく楽しい情報が満載ですよ。


出店作家紹介 「工房EN」


出店名 (ブースNo.)

工房EN (No.47)



出店作品について

陶器の出店。




作家からのメッセージ

昨年から秩父に工房を移転して陶器を製作しています。

当日は中・小品の食卓の器を展示いたします。


工房EN


出店作家紹介 「nomama 」


出店名 (ブースNo.)

nomama (No.114)



出店作品について

川口暮らふとにはマフラー、ストールの巻物、手ぬぐい、バッグ、バッヂなどの小物を並べる予定です。



作家からのメッセージ

秋冬を楽しく過ごせる、いろどり豊かな巻物や小物を並べてお待ちしております。


nomama

川口オリジナルブース「暮らすとみどり」の紹介②



川口オリジナルブース「暮らすとみどり」出店者の1人である河本美佐さん(安行植木売店・三朋緑化)さんをご紹介します。

ガーデンアドバイザーとして活動している河本さんは、戸塚安行駅から程近い場所で花苗や植木の販売をしています。


 
 
おじいさまの代から続くその店で、生まれたときから花木を身近に感じ、悪天候の日以外は、ほぼ毎日のようにお店を開け、手入れをしています。
 
 


 まるで花園に迷い込んでしまったような雰囲気の気持ちの良い場所で、庭に植えるような木(オリーブやミモザ)から、ガーデニングにはかかせない花苗など、変わった品種のものが数多く並んでいます。

河本さんご自身も、ここに何種の植物があるか把握できていないというくらいたくさんの植物があり、訪ねた時期は、河本さんの好きな花のひとつ、ダリアが綺麗に咲いていました。




あまり土いじりをしないような方にも、ハーブなどから身近に植物を感じてもらいたい、とは、河本さんのお話し。




 



今回は、安行植木売店・三朋緑化さんオリジナルの寄せ植え鉢、多肉植物、ハーブの苗を中心に販売をする予定です。



October 24, 2012

出店作家紹介 「nito 」


出店名 (ブースNo.)

nito (No.80)


出店作品について

端材廃材でつくる木のいろいろ。




作家からのメッセージ

千葉市の山奥を作業場とし、普段は主に店舗の内装の仕事をしています。
その中で発生する端材や廃材を利用して、ちいさなアクセサリーから小家具までいろいろなものなどを作っています。

ブースや見せ方もひと工夫しますので、合わせて楽しんでいただけたらと思います。

nito


出店作家紹介 「菓子店 yonna 」


出店名 (ブースNo.)

菓子店 yonna (No.124)



出店作品について

クッキー、パウンドケーキ、スコーン、マフィン、ガトーショコラなどが並びます。





作家からのメッセージ

菓子店ヨンナは沖縄をコンセプトにしたお店です。

川口暮らふとでも、沖縄の黒糖を使ったお菓子や、秋の味覚たっぷりのお菓子をご用意致します。
是非ヨンナにお立ち寄りください。


菓子店 yonna


出店作家紹介 「葉風道」


出店名 (ブースNo.)

葉風道 (No.46)



出店作品について

古布をリメイクした前掛けバック・小物や和布小物を出店。





作家からのメッセージ


どうぞよろしくお願いします。

葉風道

October 23, 2012

出店作家紹介 「芦田建築工房 」



出店名 (ブースNo.)

芦田建築工房 (No.17)




出店作品について

家具や木の小物など、木工作品を出店します。






出店作品について

「川口暮らふと」のために製作した、限定のスツールを出品予定です。


芦田建築工房


出店者紹介 「1KO」


出店名 (ブースNo.)

1KO (No.23)



出店作品について

豚革(ピックスキン)のコサージュ、アクセサリーなどをお持ちする予定です。





作家からのメッセージ

身近な植物や自然をモチーフに制作しています。

開放感ある広場で、たくさんの方々とお会いできるのを楽しみにしています。


1KO

出店作家紹介 「zazie dans le metro」


出店名 (ブースNo.)

zazie dans le metro (No.48)



出店作品について

麻や綿、ウールなどできれいな色の毎日身につけたくなるスカートを縫って、並べます。




作家からのメッセージ

ケーキ屋さんのケーキもおいしい、でもお母さんの手作りのクッキーもまた、おいしい。

デパートで買ったお洋服も素敵だけど、おばあちゃんが縫ってくれたワンピースもとっても気に入っている。

おばあちゃんが縫ってくれたワンピースみたいに、ずっと心に残るようなスカートを丁寧に縫っていきたいと思っています。


zazie dans le metro

October 22, 2012

川口オリジナルブース「暮らすとみどり」の紹介①



川口オリジナルブースでは、ものづくりの街・川口をより身近に感じていただくために、地元産業や特産品などを紹介します。

川口の北東地区は植木や園芸がとても盛んで、植木園、盆栽園、園芸店などが軒を連ねています。四季折々を楽しめるので地元の方はもちろん、春や秋には季節のうつろいを愉しむために遠方から訪れる方も多いようです。

今年は「暮らすとみどり」と題し、「三朋緑化」さんと「喜楽園」さんの鉢物や寄せ植え、盆栽などを展示・販売いたします。


先ずは出店者の1人、喜楽園の飯村誠史さんをご紹介します。


 
 
飯村さんはこの道30年の盆栽師。高校を卒業してすぐ父・靖史さんが園主を務める喜楽園で修業をはじめ、今ではミニ盆栽から大物盆栽まで幅広く手掛けています。 




川口市赤山にある広大な敷地の盆栽園にはおよそ300鉢の盆栽が並びます。園内はたくさんの緑にあふれ葉のそよぎと鳥の声が静かに響き、時折さわやかな風が吹き抜けます。
 
 


これらの「盆栽」は手間と時間をかけて育てられてきたものですが、品種や樹齢が同じでも幹肌や枝の形、葉の付き方などひとつとして同じもはありません。飯村さんは樹木の癖や特徴などを見極めながら丁寧に日々剪定しています。 


 
 
川口暮らふとでは、緑のやさしさや潤いを暮らしの中で感じていただけたらと、「ミニ盆栽」や「苔玉」などを展示・販売します。

テーブルの横にそっとキャンドルを置くような感覚で、生活に取り入れていただけたら嬉しいと飯村さんは話します。




 

また、自宅で手軽に「苔玉」がつくれる『苔玉セット』も販売する予定です。もちろん苔玉の作り方やお手入れの方法も教えていただけますので、興味のある方はブース(No.132)へお立ち寄りください。
 

 

ご自宅にお庭がなくても、ベランダなどで育てることができる愛らしい植物たち。

ぜひこの機会に、暮らしに「盆栽」を取り入れてみませんか。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
川口オリジナルブース No.132
喜楽園(盆栽)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



October 21, 2012

雑誌「天然生活」に掲載されました



川口暮らふとの情報が、雑誌「天然生活」(12月号/2012年12月1日発行)に掲載されれました。




掲載されたのは、110ページの『イベント便り』という全国のクラフトフェアなどを紹介しているページです。

秋から冬にかけて素敵なマーケットが全国各地で開催されているので、季節のうつろいを感じながら作家さんたちの作品を楽しみたいですね。

出店作家紹介 「cafe FARINA」


出店名 (ブースNo.)

cafe FARINA (No.129)



出店作品について

飲食の出店。





作家からのメッセージ

当日は、飲み物やシフォンケーキなどの焼き菓子、オリジナルのチョコバナナなど家族みんなで楽しんでいただけるフードをご用意してお待ちしています。

cafe FARINA


出店作家紹介 「呉真由美 」


出店名 (ブースNo.)

呉真由美  (No.106)



出店作品について

刺繍作品を出店。





作家からのメッセージ

目的や完成を決めて制作するのではなく、「縫うこと」に重点を置いています。
身につけたり、眺めたり、好きに所有して頂けたら本望です。

呉真由美

October 19, 2012

出店作家紹介 「toko 」


出店名 (ブースNo.)

toko (No.19)


 
出店作品について

革・布からなるカバン・小物を出店。






作家からのメッセージ

まず、自分が楽しいこと。
 
そばにおいたり使っていると、何だかうれしくなるもの。
 
あたりまえにある単純な気持ちを大切にしてものつくりしています
 
その何となくある楽しさが、うっすらとでも感じて頂ければ幸いです。
 
 
toko
 
 

出店作家紹介 「キッコロ 」


出店名 (ブースNo.)

キッコロ (No.30)



出店作品について

木のおもちゃや、時計や、一輪挿しやカードたてなどの木の雑貨など。
ワークショップもやろうと思っています!




作家からのメッセージ

見て楽しい、触って安らぐ、そんな木の温もりを大切に、暖かみのある手作りの木のおもちゃや、木の小物などを制作しています。

「手触りのなめらかさ」にこだわった、シンプルで親しみやすい作品作りを心掛けています。


キッコロ



出店作家紹介 「アトリエ水無月 」


出店名 (ブースNo.)

アトリエ水無月 (No.78)



出店作品について

日々の食卓でたのしめる食器を中心とした陶器を出店。





作家からのメッセージ

普段から手ぬぐいなど“文様”好きで、自分の器にも模様を施してみたいと思ったのがマスキング技法のスタートでした。模様の一つ一つを一回限りしか使えない新聞紙の型紙を作ってマスキング技法で土に施してゆきます。

釉掛けによってモノトーンの仕上がりの物もあればカラフルな仕上がりの物もあります。
洋服を選ぶように、その時の気分に応じて使って頂けたらと思って作っています。
器も人間と同じように相性があると思います。当日、実際に手に取って相性を確かめて貰えるとうれしいです。皆様とお会いできるのを楽しみにしてます。


アトリエ水無月



October 18, 2012

出店作家紹介 「かとうようこ」


出店名 (ブースNo.)

かとうようこ  (No.13)



出店作品について

カップやお皿など日常シーンで使う陶器を中心に出展します。
またピアス等アクセサリーも若干並びます。





作家からのメッセージ

川口市の鋳金教室を主催しているアトリエミミックワークスで2010年より制作しています。

陶器は敷居が高いと思っていらっしゃる方もまだまだ少なくないので、好きな服や音楽を選ぶようにもっと暮らしに取り入れてもらいたい、と思いながら作っています。

昨年から作り続けているこれからの季節に合うような深いブルーやマットな黒など落ち着いた色合いのものを中心に出展します。


かとうようこ

出店作家紹介 「阿佐美や」


出店名 (ブースNo.)

阿佐美や  (No.125)



出店作品について

新芋の時期になりました。
サツマイモは全般的に、年明けくらいから、しっとりさと甘さがのってきます。
出回り始めのこの時期のやきいもは、栗のようなホクホク感をお楽しみいただきたいと思います。





作家からのメッセージ

やきいものほかに、安納いも、鳴門金時、紅あずまの各種さつまいもの販売、ほかにも、おいもが当たる「人力発電くじびき」は、自転車型発電機をこいで、その電力でガラガラくじを回します。

お子様から大人まで発電体験をお楽しみください。


阿佐美や

出店作家紹介 「MIDORIKABAN」

 
出店名 (ブースNo.)
 
MIDORIKABAN (No.50)
 
 
 
出店作品について
 
秋冬に持っていただけるような暖かい雰囲気のバッグを製作します。
 




作家からのメッセージ


椅子やソファの制作工場から出るハギレや綺麗な色の帆布を利用し、少しだけお洒落になれるバッグを一点づつ制作しています。
 

毎日洋服を選ぶようにバッグを選びたい。ドキッとするような綺麗な色が好き。
 
優しい肌触りが体に馴染む。そんな沢山の想いをシンプルにギュッと詰めたバッグです。


MIDORIKABAN
 

 

October 17, 2012

出店作家紹介 「ripple」


出店名 (ブースNo.)

ripple (No.29)



出店作品について

秋・冬色のワンピース、チュニック、羽織りもの、パンツ、バッグ、ストール、小物各種。





作家からのメッセージ

群馬県桐生市で夫婦で小さな洋品店を営んでいます。

天然素材を染色し、洋服や小物を作っています。

長く身につけてもらえる物作りを心に置いて、一つ一つ丁寧に作っています。

天然素材の着心地と手染めの色の風合いを楽しんでいただけたらと思います。


ripple


出店作家紹介 「Rew craft 」


出店名 (ブースNo.)

Rew craft  (No.99)



出店作品について

木工作品の出店。






作家からのメッセージ

木工を生業として、気がつけば35年程経ちました。

住宅 ・店舗などの特注家具がメインになりますが、ここ数年、端材などを利用して小さな木の物も製作するようになりました。

すーと受け入れられて、いとおしくなるような物、そして永く作り続けられる物を模索しています。


Rew craft