October 19, 2017

出店者紹介「HOKUTO59」

作家からのメッセージ

群馬県富岡市にて、「住まい」にまつわる、家具と生活道具(木製カップ/キッチンツール)の製作をしています。

「うちが好き。」「早く帰りたいなぁ。」思わずそう呟きたくなる住まいのアイテム創りを目指し、シンプルで飽きることのない、機能性のあるプロダクトを提案しています。







出店者紹介「漢人 そのみ」


作家からのメッセージ

重ねること、層をテーマにした器を作っています。

自然の中で見つけた、少しずつ堆積してできていく形、模様という部分を抽出し、器に落とし込んでいます。
泥漿という液状の粘土を何度も塗り重ねてできる凹凸や、種類の違う粘土や顔料を混ぜ込んだ紐状の粘土を重ねてつくる模様。

ひとつひとつが違う表情をもっているので、是非じっくりご覧になって、吟味していただけたらと思います。








October 18, 2017

会場マップを公開します


川口暮らふと開催まで、あと2週間となりました。
会場マップが完成しましたので、お知らせいたします。
こちらの会場マップは、当日本部・案内などでもお配りしています。





また、出店を予定しておりましたK's BAKERYさんが諸事情により参加が難しくなったため、残念ながら今回は出店がキャンセルとなりました。
出店を楽しみにされていたみなさまには誠に申し訳ありません。

当日は爽やかな秋空のもと、みなさまにお会いできるのを楽しみにしております。


出店者紹介「citron_studio」


作家からのメッセージ

糸の素は手紡ぎ毛糸の素材です。これまで手紡ぎをするには、ハンドカーダーなどの道具を使い、羊毛の毛束をローラッグと呼ぶ状態にするなど準備が必要でした。

糸の素は、その工程をすることなくすぐに紡げるように、羊毛をロール状に巻いてパックしました。1本の中にいろいろな色を混ぜ合わせていますので、市販の糸にはない色合い、風合いを楽しめます。

まずは皆さまに、手紡ぎの楽しさを知っていただきたいとの思いから作った商品です。

手紡ぎ毛糸は糸の素を紡ぎました。







出店者紹介「古川 真紀子」


作家からのメッセージ

元々、住宅などの設計の仕事をしていましたが、いろいろな機会に恵まれ陶芸を始めました。 今は縁あって桐生へ移住し製作の日々を送っています。


作品によって、ロクロやタタラ作り、手びねりなどの技法で成形し、20種類ほどの釉薬を筆で塗り分けることで文様をつけています。

毎日毎日食卓で使ううつわ。毎日使うモノだからこそ食卓を華やかにしたり、楽しい気持ちになっていただければうれしいなぁと思って制作しています。

どうぞよろしくお願いいたします。
https://www.instagram.com/furumaki








October 17, 2017

出店者紹介「福井 一伯」


作家からのメッセージ

粉引きの器を中心に制作しています。
粉引きは赤土で作った器の上に化粧土(白泥)をコーティングします。

そのときの化粧土の濃淡が焼き上がったときにグラデーションとなって独特な風合いになります。
釉薬には多彩な表情のある灰釉やマット釉を使っています。

少しでも生活に寄り添える器を目指して、デザインはシンプルに使い勝手のいいサイズ感のものを心掛けています。

実際に手にとって頂いて質感や風合い、重さなどを実感して頂ければ幸いです。

出店者紹介「gure glass」


作家からのメッセージ

暮らしの中に硝子を。
普段使いのものを中心に、吹き硝子の技法で制作しております。

生活に彩りを添える手仕事のもの、手に伝わる感覚や素材感を楽しんで頂ければと思います。

何かひとつでも、意外と生活に変化を与えてくれます。
非日常から日常へ、暮らしを楽しむものとして、あるいは特別なものとして。
ふとした時、気持ちの和らぐものになればと思います。